【3Dデコ施工手順】
デザインが変わっても作業の内容はほぼ同じです。

1,タンクが持ち込まれた状態です。
2,まずは通常のペイント通りに入念な足付け作業。
3,あらかじめ相談して決めたデザインを
バランスを見ながら下書き。
(今回の場合ここからデザインを変更)
4,作りたい形より一回り大きくパテを盛っていく、
この時点で細部の造形は必要なし。
5,リューターやデザインナイフを使い細部まで加工していきます。
ちょっと歯医者さんの気分です。
6,ひととおり形になってきたら細かいペーストタイプのパテで
全体の傷を埋めます。その後入念にペーパー。
7,部分マスキングでサフェーサー、さらに細かい傷を整えます。
その後またまたペーパー。
8,サフの段を消す感じでさらにペーパー研ぎ出し。
ここでデザイン若干アレンジ、
ツルツル頭にヒビのモールドを入れてみました。
9,やっと塗装に入ります。下準備のマスキングをして…
10,今回は3コートパールの部分塗装がベースカラーです。
一度クリアコートをかけます。
11,エアブラシでシャドーを書き込み
スポンジペーパーなどでこするとかなり骸骨がリアルになりました。
12,全体をウレタンコートして熱入れで完成。
13,反対はこんな感じ、シャドーのブラックはコーティングを
かけるとより透明感が出るので自然な感じになりました。
14,アップで。






Third-Eye
〒676-0802
兵庫県高砂市
079-434-5035
Copyright(c) 2008〜 AR JAPAN,LTD